6SigmaDCX リリース15について

熱的リスクやキャパシティの使用状況を考慮しながら、データの裏付けがある意思決定をリアルタイムに下す―これを実現するための「連携性の高いプラットフォーム」や「必要な設計ツール」を備えているのが、私たちの6SigmaDCXスイートが提供するデジタルツインです。リリース15では、膨大な運用情報の管理に役立つ新機能、より短い時間で可能なモデル作成、さまざまな作業の自動化により、データセンターの設計や運用管理を最適化することが可能です。

データドリブンの意思決定、有益なデータや分析内容の入手、業務の更なる連携性向上
6SigmaDCX リリース15なら、すべて実現できます

リリース15をダウンロード       無料トライアル

 

 

6SigmaDCX リリース15が支える さまざまなDC

コロケーションDC

スペースの把握、迅速なサービスの提供を可能にする

詳細

エンタープライズDC

データを活用し、パフォーマンスを向上させる

詳細

コンサルティング企業

レポート作成と分析の作業を最適化する

詳細

ベンダー

自動化機能で設計のスピードを加速する

詳細

コロケーションDC向け

コロケーション施設には目まぐるしい変化がつきものですが、競合企業よりも先に顧客からの要望に応えるには、提供可能なスペースと電力を正確に把握する必要があります。デジタルツインなら、サービス提供までのプロセスを短縮し最適化することで、ポートフォリオ全体のキャパシティを最大化できます。

流れ作業を効率化・自動化

機能拡張したケージにキャビネットやIT機器等を一度設置すると、このケージを内部も含めてコピー&ペーストできます。

スペースの状況を把握

使用可能なスペースを把握できる機能を活用すれば、提供可能なスペースがいつでも分かります。

スペースの迅速な提供

ケージやスペースの使用可能なキャパシティが分かる指標を用いて、顧客の要望に迅速な対応をとることができます。

実物に近いグラフィック

グラフィックの拡張により、モデルをより現実に近い状態で再現できるようになりました。モデル内でスムーズな移動が可能です。 

エンタープライズDC向け 

膨大な運用情報データ、運用情報の管理・分析。エンタープライズデータセンターは、確認すべきデータが多く、規模拡大が難しい場合があります。リリース15をお使いいただくことで、膨大なデータを統合し、レポート作成のプロセスを数日から数分に短縮することができるため、その先の作業に時間を割くことが可能です。

データベース全体にクエリを実行

モデルを一つずつ分析する必要はもうありません。改善され新しくなった「インサイトテーブル」の機能を使うと、データセンター内の状況をすぐに確認できます。 

流れ作業を効率化・自動化

「スケジュール」の機能が改善されたことで、事前にモデルの解析をスケジュール化する、複数の解析に優先順位を付けるといったことが可能になりました。また、数回のクリックで、レポートの作成作業を自動化することもできます。 

データの力で運用管理を高効率化

BIツール、チケット管理ツール、モニタリングシステムをはじめとする幅広いツールとの連携で、あらゆるデータを考慮に入れた意思決定が可能です。 

キャパシティの使用状況を把握

幅広い評価基準 (例. 電力、スペース、重量、冷却負荷、冷却風量) を用いて、データセンターのキャパシティの使用状況をモデルが自動的に算出します。

コンサルティング企業向け

時間単位で働くコンサルタントにとって、シミュレーションソフトウェアを起因とするプロジェクトの遅延は許されません。私たちのデジタルツインが提供する「カスタマイズ可能なレポート用テンプレート」、「既存オブジェクト」、「現実に近いグラフィック」で、プロジェクトの進捗を加速させることができます。

カスタマイズ可能なレポートの定型化

カスタマイズ可能なテンプレートで、レポートの作成プロセスを最適化できます。これにより、データの分析時間を増やし、レポートのまとめ方に悩む時間を減らせる ようになりました。

液冷システム向け既存オブジェクト

液冷システムは、データセンターの設計時において急速に考慮すべき事項となってきました。既存オブジェクト用いて、液冷システムを再現いただけるようになりました。

実物に近いグラフィック

グラフィックの拡張により、より素早く分析ができ、高画質な画像をレポートできるようになりました。設計のメリットを素早く開示できます。

BIMやFlownex®との連携機能 

BIMモデルを6SigmaDCXにそのまま組み込むことができます。加えて、Flownex®との連成解析を用いて、フローネットワークを詳細に解析できます。

ベンダー向け

ゼロからモデル化することはやめて、既存のオブジェクトやテンプレートを効果的にお使いください。デジタルツインの拡張されたグラフィックによって、バージョンの検証や、その設計案を他者に提示することが簡単になります。

加速する構築プロセス

既存のCADデータを6SigmaDCXのスマートオブジェクトに変換することで、設計のプロセスがより迅速になります。 

液冷の最適化

既存の液冷オブジェクトを使用することで、液冷の実装や試験をより簡単に行うことができます。

カスタマイズ可能なレポートの定型化

例えば、ACUの詳細モデルテンプレートなど、既存のテンプレートを使用することで、レポートの作成プロセスを最適化できます。モデルの設定に時間をかけることなく設計により集中できるようになります。

グラフィックの拡張

実物に近いグラフィックを実装することでわかりやすいレポートを顧客に提出できます。

リリース15の詳細については、パンフレットをご覧ください! 

6SigmaRoomの資料をダウンロード      6SigmaAccessの資料をダウンロード


最新リリース15公開中!ダウンロードはこちらから
 

リリース15をダウンロード      お問い合わせ