6SigmaAccess データセンターの運用管理ツール

データセンターでは、最大キャパシティの決まっているインフラ上で、IT機器の運用状況が日常的に更新されます。Future Facilitiesでは、この運用管理の業務改善に取り組んでいます。弊社の経験上、多くのデータセンター管理者が運用計画の最適化を検証する暇もなく、IT機器の実装変更を余儀なくされていますが、6SigmaAccessではIT機器の実装計画を作成し、シミュレーションで検証できます。これにより、目まぐるしく変動する運用状況の「一歩先」を把握しながら、データセンターを効率良く運用できます。

 

デモを見る

 

メリット

6SigmaAccessは、エンジニア以外の方が「シミュレーションによる予測のメリット」を得られるよう開発されたウェブアプリケーションです。複数ユーザが同時に利用できる本ツールを用いて、資産情報、キャパシティ、変更履歴を一元管理することで、部門間の垣根を越えた連携を促進します。

multiple users 

複数ユーザによる利用

複数ユーザが同時に同一モデルで作業できます。データ更新はリアルタイムで行われ、更新データの競合を最小限に抑えること可能です。

intelligent deployment 

実装情報管理

消費電力、空きスペース、冷却能力などのキャパシティ情報を基に、IT機器の実装可否を判断できます。各キャパシティを常に管理・把握できるため、より最適な実装の判断が可能となります。

web based 

ウェブアプリ

機器の実装計画や実際の配置を管理するセキュアなウェブアプリで、データセンターの3Dモデルをインポートし、IT資産を見える化できます。

 

 

 

6SigmaAccessの特徴/機能

dashboards 資産管理

表計算シートやVisioのテンプレートから脱却し、3DモデルによるIT資産情報の管理を実現できます。

comprehensive library 総合ライブラリ

4,000種類以上のベンダライブラリを利用できます。ライブラリには、電力と冷却特性の属性を持つIT機器とキャビネットなどが用意されています。

reporting 空きスペース、電力、冷却特性の表示

空きスペース、電力、冷却特性などの3Dプロットをキャビネットレベルで表示し、現状のリソース状況を把握することができます。

dashboard ダッシュボード

ダッシュボード(IT機器、電力、空きスペース、冷却特性)を利用し、データセンターの状況を把握することができます。

drag and drop ドラッグ&ドロップ

ドラッグ&ドロップ機能を使い、機器の移動・追加・変更を素速く、正確に行うことができます。

web ウェブシステムの最適化

データのロード時間が最適化されているため、ブラウザ上であらゆる規模のデータセンターの管理が可能です。

資料をダウンロード