6SigmaDCX Webinar 2021 
2月10日(水) 11:00‐12:00

開催終了:本ウェビナーは終了いたしました。ウェビナーのオンデマンド配信が公開中です。

ウェビナーに関するお問い合わせ、オンデマンド配信の視聴をご希望の方は下記までご連絡ください。
ウェビナー事務局 jp-info@futurefacilities.com

― 今私たちができるビジネスチャンス獲得の方法 ―

COVID-19による未曾有の事態が続く中、私たちの生活は一変、ビジネスやテクノロジーは急速に変化しました。「テレワーク」や「Stay Home」の影響からデータ量が増加し、それらを管理するデータセンターの需要はより高まりました。その結果、安全で効率的な運用管理・設計が一層求められています。

「安全で効率的なデータセンターの運用管理・設計」の実現に向けて、Future Facilitiesは、「データセンターのデジタルツイン」を提案しています。セミナーでは、デジタルツインのメリットや限定情報を公開いたします!

コスト削減、SDGsへの貢献、新しいビジネスチャンスの拡大など、さまざまな可能性が期待されるデジタルツイン活用方法を、お届けします。ぜひご視聴ください。

ご視聴をお勧めします
  • データセンターのコスト削減、環境問題でお困りの方
  • 効率的なデータセンターの設計・運用手法をお探しの方
  • キャパシティ管理、運用の最適化をご希望の方
  • データセンターの熱問題でお困りの方

プログラム

11:00‐11:02 オープニング

ご挨拶

11:03-11:16 営業部 宮野慧 「さらばExcel, 令和時代のキャパシティ管理術」

Excelなどの表計算ソフトウェアによって、煩雑になりがちなデータセンターの資産管理や電力管理などのキャパシティ管理を、弊社デジタルツイン技術を使って、視覚的かつ効率的にに管理する新しい手法をご紹介いたします。
 

11:17‐11:30 技術部 磯辺拓海 「6SigmaAccessを用いた運用」

データセンターを効率よく運用するには、円滑なコミュニケーションと信頼性の高いキャパシティ計画が必要です。多くのデータセンターではこれらが不十分なため、非効率な運用をおこなっています。6SigmaAccessはそんな問題を解決するための運用ツールです。ここでは効率を上げ、リスクを軽減する6SigmaAccessを用いた運用方法をご紹介します。
 

11:31‐11:46 営業部 菅野れいら 「データセンターの設計・構築向けのデジタルツインソリューション」

デジタルツインを活用する事で、設計・構築予定のデータセンターをIT機器レベルで再現し、運用環境の安全性や冷却効率をシミュレーションする事ができます。視覚的にも分かりやすく、再現性の高い解析結果でエンドユーザへ魅力的な設計・構築案を提案しませんか?
 

11:47‐11:58 技術部 引地隆幸 「フロアグリル - どこを開ける?どこを閉じる?(最適化機能を使って簡単解決)」

床吹き出しスタイルの空調システムを採用しており、データルーム内のラックの負荷がまちまちな場合、フロアグリルの開口場所によって冷却風を多分にロスしている場合があります。単純に負荷の高いラックの前だけ開ければ良いとも限りません。最適化機能を用いて空調効率が最大になるようなフロアグリルの開口場所を自動で見つける方法をご紹介します。
 

11:59‐12:00 クロージング

ご挨拶

概要

主催

Future Facilities株式会社
 

日時

2021年2月10日 11:00‐12:00
※開催後、登録者限定のオンデマンド配信となります

推奨環境

携帯でご視聴の場合、Teamsアプリを事前にダウンロードしてください
パソコンでご視聴の場合は、ブラウザからご参加いただけます
※通信料はお客様負担になります

会費

無料

お問い合わせ

Future Facilities株式会社 ウェビナー事務局
TEL: 03-4520-1500
Mail: jp-info@futurefacilities.com

お申込み

上記フォームよりお申し込みください