IT機器メーカーのためのデジタルツイン

チップからチラーまで、デジタルツイン技術は幅広い種類の機器に対応しています。デジタルツインを使うことで、製品の設計、高精度の解析、性能の検証までを1つのソフトウェアで行うことができます。検証結果を視覚的に分かりやすい画像や動画などに出力することで、自社製品の性能を顧客に分かりやすく伝えることができます。 

お問い合わせ無料トライアル

顧客とのより良いコミュケーション

顧客のデータセンター環境や構成下で自社製品の稼働状況をシミュレーションし、その結果を実際に「目で見える形の検討材料」として提供することができます。

顧客とのより良いコミュケーション - Image

新たなビジネス機会の創出 - Image

新たなビジネス機会の創出

デジタルツインの導入で、IT機器の性能を精度良く検証することができます。検証結果は視覚的に「見える化」できるため、機器への投資価値をより分かりやすく顧客に伝えられるようになります。結果的に信頼関係の構築・向上、さらにはビジネス機会の増加に繋がります。

 

外部データとの連携性、自動化機能に優れたモデル作成

高性能なオブジェクト機能、グリッドの自動生成、モデル作成時のエラー検出、サードパーティツールとのデータ連携など、モデルを作成するための機能が充実しています。

外部データとの連携性、自動化機能に優れたモデル作成 - Image

お客様事例

Airedale社は、デジタルツインを活用して空調機器のユニット内部とテスト環境全体をモデル化することで製品設計を向上させました。最終設計までの時間とコストを大幅に効率化した手法については、以下の事例でご紹介します。

事例を見る(EN)

IT機器メーカーのための製品

弊社は、お客様のお悩みを解決へと導く様々な製品を開発しています。日々の業務に弊社製品をどのようにご活用いただけるかについては、以下でご紹介しています。

FutureFacilities Icons Room
6SigmaRoom

データセンターの設計

データセンター構築前の設計の段階からモデル化し、検証、環境を確認する事で、より長く運用できるデータセンターを目指すことができます。

詳細

サプライチェーン内の連携向上 - Image

サプライチェーン内の連携向上

機器のチップからデータセンター施設まで、データセンター業界のサプライチェーン全体を繋ぐ唯一のプラットフォームこそ、デジタルツインです。私たちが提供するソフトウェアスイートは、サプライチェーン内の企業間でデータを連携を可能にすることで、業種を超えシームレスな情報共有を可能にし、業務の効率化に繋げます。その理由は、こちらからご覧いただけます。

詳細

デジタルツイン技術でデータセンターは生まれ変わります。

その技術を知っていますか?

お問い合わせ詳細