データセンター管理者のためのデジタルツイン

デジタルツインとは、CFD解析技術を用いながら、データセンターの運用管理をする新しいアプローチです。このアプローチは、データセンターの運用管理をよりシンプルにするだけでなく、これまで部門ごとに別々に行っていた、データセンターを構成する全ての要素を一元管理・シミュレーションすることで、ダウンタイムの発生リスクを管理・低減できます。

お問い合わせ無料トライアル

作業時間とタスクの削減

デジタルツインを用いることで、データセンターに関わるすべての部門を1つのプラットフォーム上で繋ぐことができます。このプラットフォームを使うことで、データセンター施設全体の更新情報や運用管理の作業情報など、部門ごとに異なる必要な情報を最新の状態で確認できます。

作業時間とタスクの削減 - Image

リスク回避 - Image

リスク回避

データセンターを可視化することで、データに基づく的確な決定を下せるようになり、データセンターを守ることに繋がります。デジタルツインによって、データセンターを構成する全ての要素を1つのシステムで運用し、シミュレーションを行うことで、ダウンタイムの発生リスクを管理し、効果的にリスクを低減することができます。

コスト削減

ダウンタイムのリスクを上げない範囲で自由に使えるキャパシティを精度良く把握できます。これにより、リソースへの過剰投資を防ぐことができます。

コスト削減 - Image

お客様事例

Citiグループは、運用管理のワークフローにデジタルツインを採用したことで、年間290,000ドル(2020年6月現在のレート換算で約3,300万円)以上を削減できる見込みを得ることができました。

事例を見る 

データセンター管理者向け製品

弊社は、お客様のお悩みを解決へと導く様々な製品を開発しています。日々の業務に弊社製品をどのようにご活用いただけるかについては、以下でご紹介しています。

FutureFacilities Icons Room
6SigmaRoom

データセンターの設計

データセンター構築前の設計の段階からモデル化し、検証、環境を確認する事で、より長く運用できるデータセンターを目指すことができます。

詳細

FutureFacilities Icons Access
6SigmaAccess

データセンターの運用

実際に機器を実装する前に、安全な環境で配置を検証し、高まるビジネス需要に応えていくことができるソフトウェアです。
 

詳細

サプライチェーン内の連携向上 - Image

サプライチェーン内の連携向上

機器のチップからデータセンター施設まで、データセンター業界のサプライチェーン全体を繋ぐ唯一のプラットフォームこそ、デジタルツインです。私たちが提供するソフトウェアスイートは、サプライチェーン内の企業間でデータを連携を可能にすることで、業種を超えシームレスな情報共有を可能にし、業務の効率化に繋げます。その理由は、こちらからご覧いただけます。

詳細

デジタルツイン技術でデータセンターは生まれ変わります。

その技術を知っていますか?

お問い合わせ詳細