CFO (最高財務責任者) のためのデジタルツイン

データセンターのデジタルツインは、CFD解析を活用したBIツール (ビジネスインテリジェンスツール) です。データセンターのプロジェクトのビジネス価値を定量化するにあたり、必要な情報を科学的根拠に基づいて得る事ができます。デジタルツインの技術を活用することで、データセンターの運用に関するデータの分析と見える化が可能となり、財務的に妥当な意思決定を行う際に役立ちます。

お問い合わせ無料トライアル

データセンターのビジネス価値を最大化  

データセンターには変更がつきものですが、変更には必ずコストがかかります。データセンターのデジタルツインは、「運用状況とビジネス需要を考慮した運用管理」や「キャパシティのフル活用」を可能にし、変更に伴うコストを最低限に抑えます。

データセンターのビジネス価値を最大化 - Image

予算と予想コストの管理 - Image

予算と予想コストの管理 

データセンターのプロジェクトの総コストに影響を与える「キャパシティの使用状況」を細かく管理できます。

データセンターのBIツール

デジタルツインのダッシュボード機能を使用することで、上級管理職の方やエンジニアチームは、物理現象に基づいた意思決定を行うことができます。

データセンターのBIツール - Image

部門間の連携を強化 - Image

部門間の連携を強化

デジタルツインという1つのプラットフォーム下で各部門が情報共有できるため、連携性が向上し、プロセスを簡略化できます。

お客様事例

Citiグループは、運用管理のワークフローにデジタルツインを採用したことで、年間290,000ドル(2020年6月現在のレート換算で約3,300万円)以上を削減できる見込みを得ることができました。

事例を見る

 

CFO (最高財務責任者) 向け製品

弊社は、お客様のお悩みを解決へと導く様々な製品を開発しています。日々の業務に弊社製品をどのようにご活用いただけるかについては、以下でご紹介しています。

FutureFacilities Icons Access
6SigmaAccess

データセンターの運用

実際に機器を実装する前に、安全な環境で配置を検証し、高まるビジネス需要に応えていくことができるソフトウェアです。

詳細

サプライチェーン内の連携向上 - Image

サプライチェーン内の連携向上

機器のチップからデータセンター施設まで、データセンター業界のサプライチェーン全体を繋ぐ唯一のプラットフォームこそ、デジタルツインです。私たちが提供するソフトウェアスイートは、サプライチェーン内の企業間でデータを連携を可能にすることで、業種を超えシームレスな情報共有を可能にし、業務の効率化に繋げます。その理由は、こちらからご覧いただけます。

詳細

デジタルツイン技術でデータセンターは生まれ変わります。

その技術を知っていますか?

お問い合わせ詳細