【Webinar講演まとめ】6SigmaAccessを用いた運用

【全4回 Webinar講演まとめブログ:第3回】
(投稿者:技術部  磯辺)

みなさん初めまして。技術部の磯辺です。
2021年2月12日に開催いたしました弊社6SigmaDCX Webinar 2021では「6SigmaAccessを用いた運用」についてご講演いたしました。

講演では弊社のソフトウェアである6SigmaAccessで実際にどのようにデータセンタのキャパシティ管理をおこなうのかをデモを中心にお話しました。今回のブログでは、その中から6SigmaAccessの魅力についてご紹介したいと思います。
 

データセンタのキャパシティ管理

データセンタのキャパシティ管理項目と言えば、一般的なところで、温度、風量、電力、重量、スペースなどを思い浮かべると思います。各情報はセンサでのモニタリングや、ExcelやVisioといったソフトウェアを用いて管理していることが多いでしょう。

これら項目の管理がなかなか上手くいかない、という経験はないでしょうか?
ラックの温度が上昇してアラートが鳴ってしまう。機器を稼働させるための電力が足りない。設置するスペースが足りない。などなど、様々な問題に直面したことがあるかもしれません。

キャパシティ管理不足の原因

データセンタのキャパシティ管理が不足してしまう原因は大きく分けて二つ考えられます。
・各情報の俗人化
・勘や経験に基づく運用
簡単に言うと「情報や根拠がない中で運用してしまう」ということです。

データセンタの管理項目は多岐に渡り、その情報を全て把握している人は殆どいません。仮に情報を全て持っていたとしても、最終的な判断は、ある程度感覚に頼ってしまうのが現状です。

そこで6SigmaAccessの登場です。行うことは簡単、持っている情報を全てデータベースに集約して、見える化を行うのです。


6SigmaAccessを用いた運用

6SigmaAccessに集約された情報は3Dモデル上で簡単に確認することができ、視覚的に分かりやすくなります。更に各情報を踏まえて新たな機器を設置できるかまでソフトウェアが自動で判断し、視覚化してくれます。
 

6SigmaAccessはウェブブラウザベースのアプリケーションなので、ネットワーク環境さえあればどこからでも確認、操作をおこなえるという利点があります。時と場所を選ばずに、データベース上の最新情報を確認し、変更をおこなえます。

同時に弊社の得意とする熱気流解析を用いることで、設置後の熱的な環境を事前に確認することも可能です。変更された内容を確認し、熱気流解析や電力の確認を行い実際に実装するかを定量的に判断できます。

6SigmaAccessを用いることで、キャパシティ管理の原因である「情報の俗人化」と「勘や経験に基づく運用」を一気に解消することができるのです。

カスタマイズ可能なダッシュボードや各情報の書き出し機能なども備えており、必要な情報をまとめるのにも役立ちます。最新バージョンであるリリース15では、複数のデータセンタ内の資産を一括で確認できる「インサイト」機能も追加され、さらに利便性が向上しました。

 

6SigmaAccessを用いることで不確実性を排除し、根拠を持った運用をおこなえるようになります。興味がある方は是非、○○までご連絡ください。

Other Recent Posts


The Home-Away-From-Home Data Center

French colocation data center provider, Thésée DataCenter, has created an interactive, innovative D…

Read More


Digital Twins and DCIM

Finding the right tools to manage data center infrastructure and IT throughout design and operation…

Read More

21 June, 2021

Back to entries