【Webinar講演まとめ】さらばExcel, 令和時代のキャパシティ管理術

【全4回 Webinar講演まとめブログ:第1回】

(投稿者: 営業部  宮野)

みなさん初めまして。営業部の宮野です。
今回のブログでは、2021年2月12日開催の6SigmaDCX Webinar 2021にて講演した「弊社デジタルツイン技術を使ったデータセンターの運用管理手法」について、ご紹介させていただきます。
 

はじめに

早速ですが、みなさんはデータセンターをどのように管理されておりますでしょうか。
昨今普及が進んできているDCIMツール*1を利用されている方、ExcelやVisioなどの表計算ソフトウェアなどを使い管理されているという方も、まだまだ多くいらっしゃると思います。

このような表計算ソフトウェアを使った従来のデータセンターの管理手法では、下記のような悩みや課題を抱えていらっしゃるというお話をよく伺います。本ブログでは、データセンター運用管理の課題を解決できる新しい手法「デジタルツイン」を紹介します。



 

デジタルツインを使ったデータセンター運用

デジタルツイン *2」と昨今導入が進んでいる「DCIMツール*1」の異なる点は、「予測」にあります。
デジタルツインは現在の状況+未来予測に注目した技術です。例えば、現在の環境がどうなっているかを確認した後、「この改善策を実行すると、どうなるのか?」など、今より先を見越した検証を行えるのが特徴です。
また、高度な物理学に基づいたシミュレーションを行うことで、より現実に近い現象を再現することができるのも、大きな特徴になります。

こうした現実に近いモデル+実現象に近いシミュレーションを組み合わせることで、「こうしたらどうなるか?」という予測をしていきながら、ノーリスクで効率よくデータセンターの運用を行うことができるのがデジタルツインです。



 

デジタルツインでの運用を可能にする6SigmaDCX

弊社では、このようなデジタルツインを使った運用を可能にするソフトウェアを「データセンター設計者」「データセンター運用管理者」という2つのターゲット向けに展開しております。


「データセンター設計者」は、6SigmaRoom(設計モード)を使用して、仮想空間上にデジタルツインモデルを構築できるだけでなく、モデルのシミュレーションを行い、検証することができます。

「データセンター運用管理者」は、6SigmaRoom(運用管理モード)を利用して、設計モードで構築したデジタルツインモデルを使い、電力・空調能力・IT資産などの各キャパシティの管理ができます。また、ブラウザベースアプリの6SigmaAccessを利用して、キャパシティを確認しながら機器の変更依頼を行うなど、データセンターの運用効率を向上させることができます。
 

データセンターの運用事例

実際にこれらのソフトウェアを使い、どのようにデータセンターを運用していくのかを例でご紹介いたします。


「6SigmaAccess」と「6SigmaRoom」を、下記の流れで連携させながら、運用していきます。

  1. ① まず、機器の設置案件があれば、ITチームが6SigmaAccessでデジタルツインモデルを表示します。現在のキャパシティを確認した上で、機器の変更依頼を6SigmaRoomに提出します。

  2. ② 6SigmaAccessで変更依頼を提出する時点で、「どの程度のキャパシティを使うか」は把握できますが、この変更依頼がもたらす熱的影響に関しては分かりませんので、 6SigmaRoomでシミュレーションを実施して、検証していきます。

  3. ③ 検証結果に問題がなければ、それをデータセンターに実装します。

  4. ④ 実装後、各センサーで収集した実測値をデジタルツインモデルに反映・比較し、より精度の高いモデルを構築します。

  5. ⑤ 実測値のフィードバックを得たデジタルツインモデルは、6SigmaAccessにも反映され、機器変更が案件があれば、同じサイクルで検証していきます。

これがデジタルツインを使った、データセンターの運用例になります。

 

データセンターをデジタルツイン化し、仮想空間で運用するメリット

最後にまとめとして、データセンターとそっくりな仮想モデル「デジタルツイン」を活用した運用のメリットを紹介します。

  • ノーリスクで、事前検証&現状把握
  • IT-設備チーム間などの部署間をシームレスに連携
  • シミュレーションによる定量的な判断
  • 3Dモデルを用いた視覚的な管理により、運用コスト・工数の削減
今後ますます、データセンターも高密度・高負荷の新しい運用方法が求められていく時代かと思います。こうした新しい運用手法を取り入れて、効率的な運用を目指してみてはいかがでしょうか。

6SigmaDCXの詳しい機能やデモなどは、弊社までどうぞお気軽にご連絡をいただけますと幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

お問い合わせはこちらから
 

 

  • *1
    DCIMとは
    「DCIM」とは、Data Center Infrastructure Managementの略称で、データセンターの設備やIT機器を統合的に監視・管理し、設備効率や運用効率を向上させるシステムです。

     
  • *2
    デジタルツインとは
    「デジタルツイン」とは、現実世界の設備情報や機器情報など、あらゆるものをデジタル空間上に再現し、デジタル環境にて多種多様な検証をノーリスクで行える技術です。
    ものづくり業界では、「デジタルツイン」を用いて製品設計・生産工程などを効率化しており、他の業界でも昨今注目されています。
 

本ブログに関する質問

下記フォームよりご質問を承っております。FAQも併せてご覧ください。
また、お電話での折り返しを希望の方は、質問内容欄にお電話番号を記載ください。

他の最新投稿


【お知らせ】6SigmaET オンライン講座開講します!

Future Facilitiesでは、電子機器の熱設計エンジニア必見のオンライン講座「知らなきゃ損!Future Facilitiesが送る次世代の熱設計講座」を8月4日(水)から全4回にわたりお…

ニュースをすべて見る


【Webinar講演まとめ】6SigmaAccessを用いた運用

【全4回 Webinar講演まとめブログ:第3回】(投稿者:技術部  磯辺)みなさん初めまして。技術部の磯辺です。2021年2月12日に開催しました6SigmaDCX Webinar 2021では「…

ニュースをすべて見る

29 April, 2021

一覧へ戻る